SLRで体幹筋が働く?(体幹機能を評価する方法)

新人理学療法士 勉強

SLRってどんな効果があるのか、体幹機能が評価できる??など
SLRに関して、どんな効果があるのか気になることがあると思います。

文献を参考にまとめました。特に体幹筋を中心にSLRを解説しています。
自分もSLR時の体幹の働きが分からずにいたので調べました。
例えば、腰痛の際など、activeSLRでよく評価すると思います。
結論としては、SLRでも体幹筋は使われており、
体幹機能を評価する方法の1つとしてよいかと思います。

SLRを簡単に説明

分かるひとは読み飛ばしてください。

仰向けで
片脚の膝伸展を伸ばして、その脚をあげる運動です。

運動学でいうと、膝伸展位で股関節を屈曲させていく運動ですね

よく、術後など行われている運動です。簡単にできるので良く行われている印象です。また、腰痛の方の体幹機能を評価するのに使ったりします。

SLRの効果について解説

次はSLRの効果について解説していきます。
良く知られているのは、大腿直筋の強化ですが、
体幹に関してどうでしょうか?
効果を考える際に、運動学的視点で考えていきます。

まずは、SLRで、どんな運動が起きてるでしょうか??
特に、SLRを行った際に働く主動作筋を考えると良いでしょう

自分の考えでは、SLR時に起こっている運動は、

  • 膝伸展
  • 股関節屈曲
  • 骨盤後傾

この運動が出現していると考えます。
主動作筋はなんでしょうか??

  • 大腿直筋
  • 腸腰筋

単純にこの2つは働いていると思います。

骨盤はどうでしょうか??
通常、股関節屈曲する際に、骨盤は後傾していきます。
しかし、大腿直筋と腸腰筋の働きにより、骨盤は前傾方向へ誘導されます。

骨盤を固定させるために、

  • 腹直筋
  • 内腹斜筋

働き、骨盤後傾方向へ誘導し、骨盤を中間位に保ちます。

文献を引用すると、

骨盤や腰椎に付着する大腿直筋・腸腰筋の,下肢挙上による強力な牽引力(筋収縮)により骨盤には前傾作用が生じる.この骨盤前傾作用に対して,骨盤の動きを固定するため腹直筋は活動性が高まるのである

近藤 裕貴ら下肢伸展挙上保持における体幹筋活動 理学療法科学 26. 2011577–58
まとめ

SLR時に働いている筋は、
主動作筋は、大腿直筋、腸腰筋
骨盤を固定する筋は、腹直筋、内腹斜筋などが関与してそうです。

SLRで体幹筋も働いている!!(体幹機能を評価するのに使おう)

SLR時に働いている筋は、
腹直筋や内腹斜筋でしたね

これを臨床に応用すると、、

体幹筋の評価として使える(効果判定)

実際に、腰痛の方の体幹機能を評価する際などに
使用している方もいると思います。

ちなみに麻痺の方の体幹機能を評価する
プレーシングも同じような原理で体幹機能を評価できると思います。

実際にSLRの際に、どのようなところをみて、
評価すればいいのか??

  • 骨盤前傾の代償(腰椎前弯)腰が浮いてくる
    →腹直筋、内腹斜筋の筋出力低下
  • 骨盤回旋の代償(挙上側に回旋)
    →内腹斜筋の筋出力低下

こういった代償をみて評価すると良いと思います。

応用として、SLRを行い、挙上したまま、抵抗を加えれば
さらに、腹直筋、内腹斜筋に負荷をかけることができます。

最後に、参考にしたオススメの文献

まとめ

SLRでは、主動作筋の大腿直筋と腸腰筋に加え、
骨盤固定するために、腹直筋、内腹斜筋が活動していると考えられます。

そのため、体幹機能を評価する(効果判定する)にも使用できる
もし、上手くできていなかったら、腰が浮いてきたり、骨盤が回旋の代償が出現
出現したら、腹直筋、内腹斜筋の筋出力低下、体幹機能の低下が疑われます

体幹機能を評価するためにSLRを使って、代償をよく見てみてください。

間違いなどありましたらコメントよろしくお願いします。

コメント